お年玉の相場について高校生や中学生は?小学生は?幼稚園児は?

 

お年玉photoACお年玉は、子供の頃は貰うのが嬉しかったのに、自分が大人になって配る側になるとなかなか痛い出費になりますよね。

お年玉を何歳まであげるのか?

金額はいくらか?

特に、きまりや制限はありませんから、人それぞれの価値観によって変わってきます。

金額に差をつけすぎると兄弟喧嘩の種にならないか?

少なすぎてケチだと思われたくない。

など、色々と頭を悩ましている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回、世代別お年玉相場をご紹介しますので是非参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

お年玉の相場について高校生や中学生は?

高校生

高校生位になると体だけでは無く精神的にも大人にかなり近づき、出費する機会や額も大きくなります。

一般的な相場は中学生と同じく5,000円~10,000円が多いですが、10000円以上を渡す人の分布が増え、やはり中学生よりは相場が上がります。

また、渡さないという人の割合も中学生に比べると増加しており、お年玉の終焉期を迎える家庭もあるようです。

 

中学生

中学生の相場は、5,000円~10,000円で、小銭の姿はすっかりと消え去ります。

普段のお小遣いにお年玉を上乗せして、ゲームの本体機器やパソコンなど高額なものをゲットする子供が多いようです。

 

小学生は?

徐々にお金の価値が解かりお年玉が楽しみとなってくる小学生ですが、年代によって以下のとおり金額の差があります。

●1・2年生
1000円~2000円

 

●3・4年生
2000円~3000円

この年代になるとゲームソフトが欲しいなどと騒ぎだしますよね。

私もこの年代の時は、お年玉を貰うと必ずゲームソフトを買いに行っていました。

 

●5・6年生
3000円~5000円

小学校高学年になると欲しい物も高額になってきて、お年玉の額に期待してきます。

 

 

幼稚園児は?

相場は、500円~1500円です。

乳幼児には、お金ではなく、お菓子やおもちゃという場合も多いです。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

参考になりましたでしょうか?

金額を決める上でお勧めなのは、基準を決めてそれに則ることです。

例えば、

年齢÷2×1000円

や、

学年×1000円で、上限10000円

などです。

大人になるまでにお金を受取った時のマナーや使い道など、親が教える事はたくさんあります。

金銭感覚や経済感覚を身につける機会ととらえて、意義あるお正月をお過ごしください。

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
かわも

かわも

愛読書は「花の慶次雲のかなたに」ですが、傾奇者とは程遠い生き方をしているごく普通の30代男です。 残業無い日はスタバに入り浸り、休日はジム通い。 体を動かして汗をかくと、どんな嫌なことがあっても復活できる便利な体をしています。 自分が気になったこと、疑問に感じたことを中心に記事を書いています。 当ブログの情報を少しでも役に立てていただければ幸いです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

バレンタインに和菓子!簡単な手作りレシピを紹介!
お歳暮にお返しは必要?マナーは?断り方は?
春のアンチエイジング!おすすめ食事は?肌対策は?生活習慣は?
フォーマルバッグの選び方!結婚式は?入学式は?葬式は?
ペットボトル式加湿器の種類!メリットとデメリット!手作り方法!
体型をカバーできるおすすめの水着は?カバーできる色は?
初釜にはどの様な着物が良い?色や帯は?髪型は?
Airbub(エアビー)で海外に泊まる時の準備、確認は?やり取りは?
東京都内でおすすめの結婚式場は?失敗しない選び方は?
バレンタインディナーの手作りの超簡単レシピは?
札幌雪祭り2016の見所や日程は?アクセスや混雑状況は?
乾燥肌対策に効果的な食事は?睡眠は?
出初式の意味は?2016東京、横浜、埼玉の開催情報!
桃岩荘ユースホステルの魅力は?愛とロマンの8時間コースは?
関東の避暑地でおすすめの場所は?子連れのおすすめは?