牡蠣の栄養で亜鉛の効果は?食べ過ぎるとどうなる?カロリーは?

牡蠣photoAC
「焼き牡蠣」「牡蠣鍋」「カキフライ」「生牡蠣」など、色々な調理方法で楽しめる牡蠣。

栄養価が高く、海のミルクとも言われていますよね。

今回、牡蠣の栄養素やその効果、カロリーなどについてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

牡蠣の栄養で亜鉛の効果は?

牡蠣は低脂肪で高たんぱくの食材で、亜鉛やタウリン、ビタミンB12、ビタミンEなどのミネラルを多く含み海のミルクと呼ばれています。

特に、亜鉛の含有量は他の食品と比べ突出しており、牡蠣は亜鉛を一番多く含む食材と言われています。

亜鉛は、体内の細胞を生合成するのに必要不可欠な栄養素です。

新しい細胞を作る新陳代謝に関わるので、綺麗なお肌を保つ上で大切な成分になります。

また、元気の源とも言われていますよね。

亜鉛不足の症状
・発育不全
・前立腺異常
・感染症の抵抗力低下
・乾唇がおきやすい
・腸の消化吸収を遅らせる
・円形脱毛症
・痛風
・動脈硬化
・心筋梗塞
・味覚障害
などが挙げられます。

 

食べ過ぎるとどうなる?

亜鉛の一日の摂取推奨量は、成人男性12mg成人女性9㎎です。

牡蠣100g当たりの亜鉛含有量は13.2mgなので、牡蠣一粒を18グラムとして計算すると、亜鉛が約2.4㎎含まれていることになりますので、4個か5個程度食べれば一日の推奨量を摂取することができます。

亜鉛を一気に2000㎎以上摂取すると急性中毒をおこすと言われています。

牡蠣の食べ過ぎで亜鉛中毒を起こすことはまずありませんが、亜鉛サプリを取っている方は飲み過ぎに注意が必要です。

 

スポンサードリンク

 

カロリーは?

牡蠣は、大きめ1粒12kcal、小さめ1粒10kcalの大変低カロリーな食材です。

太ることをあまり気にせず沢山食べられますね。

 

まとめ

如何だったでしょうか?

牡蠣は、様々な調理法で美味しく食べられ、しかも低カロリー。

また、日本人に不足しがちな亜鉛とタウリンが豊富に含まれているので是非積極的に食べてくださいね。

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
かわも

かわも

愛読書は「花の慶次雲のかなたに」ですが、傾奇者とは程遠い生き方をしているごく普通の30代男です。 残業無い日はスタバに入り浸り、休日はジム通い。 体を動かして汗をかくと、どんな嫌なことがあっても復活できる便利な体をしています。 自分が気になったこと、疑問に感じたことを中心に記事を書いています。 当ブログの情報を少しでも役に立てていただければ幸いです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ダウンジャケットは洗濯できる?クリーニングは?消臭は? 
熱中症対策に喜ばれる差し入れの飲み物は?食べ物は?
プールの持ち物リストでおすすめは?注意することは?
卒園式や入学式のママコーデの仕方!マナーやルールは?服装や髪型はどうする?
着る毛布の評判や口コミは?オススメの選び方は?洗濯方法は?
体型をカバーできるおすすめの水着は?カバーできる色は?
ハムスターの冬眠の見分け方は?回復方法は?
マスクをつけた時、メガネが曇らないようにするための方法は?
カブトムシやクワガタを捕まえるトラップの作り方は?設置の仕方は?
冬の運動は怪我のリスクが高まる!原因や予防法を紹介!
海外旅行の持ち物で便利なグッズは?女子グッズは?禁止のものは?
スキーウェアやスノーボードウェアの洗濯は?保管方法は?
インフルエンザがうつる期間はいつまで?確率は?家族は?
牡蠣にあたるとどのような対処法がある?潜伏期間や症状は?
インフルエンザの予防接種後のお風呂は?運動は?飲酒は?