風邪の時に効果的な食べ物飲み物は?発熱時は?無理に食べてもいい?

2566b6db20dd07449928328e756ccbca_s

だんだん寒くなってきて、秋も深まってきましたね。

寒くなってくるとやってくる風邪の気配。

気が付いたら鼻が・・・なんてことも多いのではないでしょうか。

でも風邪だから病院ももったいないし、薬は飲みたくない。
こんな時、どうしたらいいのでしょうか?

今回は風邪に効く飲み物や食べ物についてお話していきます。

風邪に効く飲み物や食べ物は?

風邪といっても、風邪の症状にも様々ありますよね。
今回は、症状別でまとめてみました。

①くしゃみや鼻づまりなどの軽度の場合。
◆しょうが湯、しょうが紅茶。
(生姜による発汗作用。うがいにも効果的です!)

◆卵スープ

◆卵酒
(リン脂質、カルシウム、ビタミンA、鉄分、タンパク質と
非常に高い、栄養価があるため)

②喉の痛みが出てきた場合。
◆はちみつ大根
(蜂蜜が粘膜に優しく働きかけるのが特徴で、咳を和らげ粘膜の炎症を抑えてくれます。持ち運びできますので、外出先や職場でも役立ってくれます。)

◆ハーブティー
ハーブ毎に様々な効果があります。

・タイム→殺菌作用があります。喉の痛み、咳止めにも使われています。
・ローズヒップ→ビタミンC、疲労回復に。
・ローズ→解熱作用、気管支粘膜の腫れに。
・ハイビスカス→のどの痛み、疲労回復。

③倦怠感、関節の痛みがある場合

・ゆず茶
血管の拡張させ、血行の促し、新陳代謝を高め、身体を温める効果があります。

スポンサードリンク

発熱で食べれない時は?

もし発熱がひどく食事ができない時は、OS-1という経口補水液がおすすめです。

ナトリウムやマグネシウムなどの電解質が多く入っており、脱水状態の時には特に効果があります。

ただし、OS-1はガブ飲みするような飲み物ではなく、少量で飲んでいく物なので注意です。

ですので、発熱の時でも軽い時はポカリスエットなどのスポーツドリンクで大丈夫です。

無理に食べる必要はない?

無理してでも食べて栄養を取らないと・・・と思うかもしれません。

ですが、できれば食べずに水分だけ摂って寝るのが一番です。

なぜなら、消化にエネルギーを使ってしまうからです。

もし食欲がある場合でも、消化のいいものだからって食べすぎないように心がけ、消化にエネルギーを使いすぎないようにしましょう。

またよく噛んで食べ、消化を助けるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

普段から手洗いうがいでしっかり予防をし、
もしなってしまったら、風邪に効く食べ物で体をサポートしましょう。

また、本当につらい時は早めにお医者さんに相談しましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

風邪の時にんにくは効果ある?おすすめレシピは?臭いを消す方法は?
インフルエンザの予防接種後のお風呂は?運動は?飲酒は?
旅行で乗り物酔いする原因は?吐き気などの対策は?
風邪をひいた時にタバコを吸うと悪化する?味がまずい理由は?
乾燥肌対策に効果的な食事は?睡眠は?
熱中症対策に喜ばれる差し入れの飲み物は?食べ物は?
眠気で仕事が進まない!眠気を解消する方法は?これって病気?
温熱蕁麻疹の原因と症状!有効な治療法と対策法!
風邪の時に食べるうどんの具は?消化はいいの?そばは?
乾燥肌に悩む男のスキンケアに適した洗顔方法は?化粧水は?乳液は?
風邪薬と栄養ドリンクの飲み合わせはどうなの?サプリメントは?
甘酒の作り方で炊飯器を使う方法とは?ヨーグルティアは?
ゆずのはちみつ漬けのレシピは?賞味期限は?効果は?
ノロウィルスの症状や潜伏期間は?治療方法は?完治までの期間は?
牡蠣の栄養で亜鉛の効果は?食べ過ぎるとどうなる?カロリーは?