養老渓谷の紅葉と温泉は?見頃とライトアップは?アクセスは?

4c92760830d065df90f136f3a5797855_s千葉県市原市にある養老渓谷は、関東屈指の紅葉の名所です。

紅葉のピークシーズンにはライトアップも催され、非常に多くの人でにぎわいます。

また、温泉も多数あり、温泉に漬かりながら紅葉を楽しむことが出来ます。

今回、養老渓谷の紅葉及び温泉スポットや見頃、ライトアップやアクセス情報をお届けします。

 

スポンサードリンク

 

養老渓谷の紅葉と温泉は?

紅葉おすすめスポット

養老渓谷は、いくつかの駅を拠点として様々なハイキングコースが整っており、さわやかな秋空の元紅葉を観ながらハイキングを楽しめます。

中でも、梅ヶ瀬渓谷・栗又の滝・筒森もみじ谷・中瀬遊歩道は特に美しい紅葉スポットで、一見の価値ありです。

 

●梅ヶ瀬渓谷

 

●栗又の滝

 

●筒森もみじ谷

 

●中瀬遊歩道

 

養老渓谷の温泉宿

・渓流の宿 福水(ふくすい)
養老川と懸崖境を望みながら、黒湯露天風呂でごゆっくり。
千葉県夷隅郡大多喜町小田代618 電話番号 0470-85-0116
http://www.fukusui.com/

・嵯峨和(さがわ)
嵯峨和名物しし鍋と黒湯でごゆっくり。
千葉県夷隅郡大多喜町葛藤20 電話番号 0470-85-0321
http://www.oyado-sagawa.com/

・渓流の宿 福水(ふくすい)
養老川と懸崖境を望みながら、黒湯露天風呂でごゆっくり。
千葉県夷隅郡大多喜町小田代618 電話番号 0470-85-0116
http://www.fukusui.com/

・温泉旅館 川の家(かわのや)
養老川を望む隠れ湯の宿。黒湯でごゆっくり。
千葉県夷隅郡大多喜町葛藤932 電話番号 0470-85-0021
http://www.kawanoya.net/

・秘湯の宿 滝見苑(たきみえん)
粟又の滝の上で、山並みを一望しながら露天風呂でごゆっくり。
千葉県夷隅郡大多喜町粟又5 電話番号 0470-85-0101
http://www.takimi.co.jp/

・食べるおやど 鶴乃家(つるのや)
四季山海・房総料理と黒湯でごゆっくり。
千葉県市原市戸面327 電話番号 0436-96-0341
http://www.postad.org/tsurunoya/

・渓谷別庭 もちの木
絶景露天風呂と食材厳選の旬の里山料理。美と食で癒されます。
千葉県夷隅郡大多喜町大田代105-1 電話番号 0470-80-9000
http://www.mochinoki.jp/

・喜代元(きよもと)
観音橋と養老川を望みながら黒湯でごゆっくり。
千葉県市原市戸面397-3 電話番号 0436-96-0345
http://www.ki-yo-moto.com/

 

見頃とライトアップは?

千葉県は、関東地域では比較的気温が高いため養老渓谷の紅葉は遅めです。

11月中旬から色づき始め、11月下旬~12月上旬に最盛期を迎えます。

ライトアップは、2015年11月下旬~12月上旬の17:00~21:00です。

紅葉状況によって日時の変更があるので、詳しい内容は養老渓谷観光協会までお問合せ下さい。

養老渓谷観光協会
〒290-0535 千葉県市原市朝生原181
TEL.0436-96-0055 
スポンサードリンク

アクセスは?

【車】
東京・千葉方面より  館山自動車道[市原IC]より約32km 約50分
アクアラインより 圏央道[木更津東IC]より約19km 約25分
アクアラインより 圏央道[市原鶴舞IC]より約16km 約18分

【電車】
東京駅―(JR京葉線→JR内房線/約1時間)―五井駅―(小湊鉄道/約1時間)―養老渓谷駅
JR外房線大原駅―(いすみ鉄道/約1時間)―上総中野駅―(小湊鉄道/約8分)―養老渓谷駅

 

まとめ

ハイキングを楽しんだ後は、ゆったり温泉につかりながら紅葉を愛でる。

大自然の中で日本の秋の情緒を心ゆくまで堪能してくださいね。

 

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
かわも

かわも

愛読書は「花の慶次雲のかなたに」ですが、傾奇者とは程遠い生き方をしているごく普通の30代男です。 残業無い日はスタバに入り浸り、休日はジム通い。 体を動かして汗をかくと、どんな嫌なことがあっても復活できる便利な体をしています。 自分が気になったこと、疑問に感じたことを中心に記事を書いています。 当ブログの情報を少しでも役に立てていただければ幸いです。
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す