加湿器の種類を比較!使い方は?電気代はどのくらい?

加湿器photoAC
冬場は、防寒対策と共に、空気の乾燥にも注意しなければなりません。

乾燥しすぎると肌のトラブルを招き、風邪のウィルスが繁殖しやすくなります

そこで今回、乾燥対策の必需品である加湿器の選び方や使い方のコツ、加湿器の種類によって電気代がどのぐらい違うのかをご紹介します。

スポンサードリンク

 

加湿器の種類を比較!

加湿器は加湿の方法によっていくつかの種類に分かれています。

●スチーム式
ヒーターで水を加熱し、沸騰させて蒸気に変える方式。

著者の子供の頃は、ストーブの上に鍋やヤカンを乗せてお湯を沸かして加湿器替わりにしていました。 原理は同じです。

『長所』
・加湿能力が大きく、短時間で室内を加湿出来る。
・水を沸騰させることでウィルス等が死滅し、衛生的。
・本体価格が安い。

『短所』
・消費電力が大きく電気代が高い。
・噴き出し口から高温の蒸気が出るので火傷の危険性がある。
・ミネラル分が残るのでこまめな掃除が必要。

 

●超音波式
タンクに入れた水を超音波振動によって細かく破砕し、それをファンで送りだす方式。

超細かい水の粒を吹き出す霧吹きのようなイメージです。

加湿装置が小型な為、スタイリッシュなデザイン性のある形の物が多いです。

成分をそのまま微粒子にできるので、アロマを入れたりできるところが特徴です。

『長所』
・省電力が少なく電気代が安い。
・本体価格が安い。
・お洒落なデザインが多い。
・アロマや次亜塩素酸水(殺菌効果がある)などを入れて使える。

『短所』
・水を清潔に保たないと吹き出す粒子に雑菌が混ざる危険性があり、こまめな清掃が必要。
・水のミネラル分も一緒に飛ばしてしまうので、壁や家具に白い粉が付着することがある。

 

●気化式
水を含んだフィルターにファンで風を送り蒸発させる方式。

洗濯物や水に濡れたタオルを部屋にぶら下げ加湿するようなイメージです。

『長所』
・消費電力が少なく電気代が安い。
・吹き出し口が熱くならないので安全。

『短所』
・加湿能力が低く、加湿するのに時間がかかる。
・こまめな加湿フィルターの交換及び手入れが必要。
・本体価格が高い。

 

●ハイブリット式
スチーム式と気化式の中間のようなものです。

スチーム式と同じ要領でお湯を沸かし、お湯を含んだフィルターに風を送るという方式で加湿します。

一定の湿度になるとセンサーがそれを感知し、お湯を沸かすのをやめて普通の気化式になります。

また、気化式はフィルターに風を当てて気化させるだけなのに対して、ハイブリッド式は湿度の低いときはヒーターが作動し、温風を当てる事で加湿能力を上げています。

消費電力、加湿能力ともに両者の中間となり、機能とコストのバランスがよい加湿器と言えます。

『長所』
・部屋の状況に応じて「温風」と「送風」を切り替えるので効率的で省エネ。
・吹きだし口が熱くならないので安全。

『短所』
・気化式と同様、こまめな加湿フィルターの交換及び手入れが必要。
・本体価格が高い。

 

使い方は?

●タンクの水は毎日取り換えましょう

毎日タンク内を洗って新しい水道水を入れるようにしましょう。

また、タンクの水が足りなくなった場合も注ぎ足さず、取り換えるようにしてください。

中にカビや雑菌が繁殖すると、空気中にまき散らされてしまい、アレルギー反応による咳や呼吸障害などの加湿器病の原因となります。

●こまめに掃除をしましょう
メンテナンスを怠ると、フィルターに汚れが付着し加湿能力が低下します。

●加湿能力を考慮して選びましょう
使う部屋の広さや、電気代などを考慮して最適な加湿器を選びましょう。

また、加湿のしすぎによる結露やカビなどが気になる方は、自動運転機能付きの加湿器もあります。

●メンテナンスも考慮して購入しましょう
加湿方式によりフィルターのお手入れは異なりますので、交換の有無・期間・着脱のしやすさなども確認しておきましょう。

また、タンクの大きさや形によっては、洗面所の蛇口の下に入らない場合があります。

●置くスペースや持ち運びも考慮して選びましょう。

スポンサードリンク

電気代はどのくらい?

加湿方式により電気代が異なります。

また、電気料金単価によっても変わります。

今回は、電気料金単価を24円/kWhとして算出します。

●スチーム式
200W~500W程度 電気代は1時間あたり4.8円~12円
●超音波式
30W~50W 電気代は1時間あたり0.72円~1.2円

 

●気化式
20W~40W 電気代は1時間あたり0.48円~0.96円

 

●ハイブリッド式
150W~200W程度 電気代は1時間あたり3.6円~4.8円

 

まとめ

加湿器の特徴や使い方、電気代について紹介させていただきました。

上記を参考に、種類ごとの長所と短所を比較し、各ご家庭の状況に合わせて選んでみてくださいね。

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
かわも

かわも

愛読書は「花の慶次雲のかなたに」ですが、傾奇者とは程遠い生き方をしているごく普通の30代男です。 残業無い日はスタバに入り浸り、休日はジム通い。 体を動かして汗をかくと、どんな嫌なことがあっても復活できる便利な体をしています。 自分が気になったこと、疑問に感じたことを中心に記事を書いています。 当ブログの情報を少しでも役に立てていただければ幸いです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

風邪にりんごは効果がある?すりおろしで食べる?他のレシピは?
海外旅行の持ち物で便利なグッズは?女子グッズは?禁止のものは?
スタッドレスタイヤの寿命は溝で判る?年数は?夏の使用は?
関東から北海道へのフェリーが出る場所はどこ?料金は?時間は?
結婚式後の年賀状を親戚などへ出す時の文例!喪中の時はどうすれば?
東京都内でおすすめの結婚式場は?失敗しない選び方は?
スキーウェアやスノーボードウェアの洗濯は?保管方法は?
インフルエンザの予防接種の腫れの原因は?治す方法は?
ホタルイカの栄養やカロリーは?沖漬けの作り方は?
システム手帳のサイズの選び方は?オススメは?
関東の避暑地でおすすめの場所は?子連れのおすすめは?
電気ストーブの比較をした場合種類は何がある?電気代は?安全性は?
ノロウィルスの症状や潜伏期間は?治療方法は?完治までの期間は?
乾燥肌対策に効果的な食事は?睡眠は?
婚活パーティーin大阪に参加した感想は?体験談は?一人でもいける?