梅雨の時期、雨が降ったら自転車は傘をさす?乗らない?レインコート?

d1c42bbf0d23ace2cb497faf0212e611_s

 

梅雨は自転車乗りにとってつらい季節ですね。
毎日のように天気が不安定だし、油断しているとチェーンは錆びるし、
交通機関を使うとお金がかかるし・・・。

今回はそんな自転車にとって天敵ともいえる梅雨の季節を
どう乗り切るかをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

傘をさす?

雨の日になると必ず見かける傘をさしながらの片手運転。
取り締まりが厳しくないせいか、あまり浸透していませんが、実は違法です。

そもそも、雨で路面が滑りやすくなっている状況で、
片手ハンドルの片手ブレーキは大変危険なのでやめましょう。

自転車は軽車両という区分に入るので、事故などを起こすと、
数千万円~1億近くの損害賠償を命じられる場合もあります。

スポンサードリンク

雨の日は乗らない

雨の日の走行は路面状態が悪い、視界が悪い、ブレーキが効きにくいなど、
運転者にとってかなり過酷な環境です。

また、錆びのリスクやブレーキシューの擦り減りのような、
自転車自体のダメージも晴天時に比べて大きいです。

自転車に乗ることはきっぱりと諦めて、電車に乗る、車を使う、近ければ歩くなど、
「雨の日は乗らない」という選択が1番安全かと思います。

乗るならレインコート

雨の日でもどうしても乗りたい。乗らなければいけない。
そういう場合はレインコートを着ましょう。

レインコートであれば両手が自由なので、片手運転に比べれば安全ですし、
服が濡れてしまうリスクも最小限に減らすことができます。

乗った後は自転車の水気を拭き取り、チェーンには必ず油を差しておきましょう。

まとめ

雨が降ったら自転車には乗らない。
乗るとしても傘をさしながら片手運転はせず、レインコートを着る。

雨の日は路面状態が悪いだけでなく、視認性も落ちます。
どうしても乗るという場合はいつも以上にしっかり周囲を確認し、
事故を起こさないよう安全運転を心がけましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

サマーナイトファイヤーフェスティバル2015の日程は?
YOSAKOIソーラン祭りとは?2015年の日程は?
江戸川花火大会2015の日程は?見所は?屋形船は?
父の日の2015年はいつ?人気のプレゼントは?してほしいことは?
夏の高校野球2015はいつから?見どころは?注目校は?
初盆の服装のマナーは?お供え物の金額は?香典は?
昭和記念公園花火大会2015はいつ?早めの場所取りは可能?有料席は?
諏訪湖花火大会2015年はいつ?見所は?貸切クルージングは?
木更津港まつり花火大会2015の日程は?見所は?海ほたるから見れる?
神宮外苑花火大会2015はいつ?花火の時間は?ベストスポットは?
土用の丑の日はいつ?由来は?うなぎ以外の食べ物は?
淀川花火大会の2015年はいつ?見所は?花火観覧船は?
鳥人間コンテストを見に行くには?アクセスは?見学席はある?
浦安花火大会2015年の日程は?見所は?トイレ事情は?
久里浜ペリー祭花火大会2015の日程は?有料席は?フェリーは?