スマホ対応の手袋の原理は?反応しないときは?自作の方法は?

4c7dd8d7fe51e91e524f013be40e98c1_s

徐々に寒さが増し、マフラーや手袋が手放せない時期が近づいてきました。

防寒対策をする上で困るのがスマホの操作ではないでしょうか?

電話・メール・ライン等の着信ごとに手袋を外して操作するのは面倒ですよね。

そこで今回、手袋を着けたまま操作できるスマホ対応の手袋及び自作の方法を紹介します。
 

スポンサードリンク

 

スマホ対応の手袋の原理は?

スマホは人の体内にある微弱な静電気を感知して、指が画面に触れると動くようになっています。

ですが、普通の手袋ではスマホに静電気が伝わらないので、手袋を着けたままでは画面に触れても反応しません。

スマホ対応の手袋は指先部分に導電性の高い繊維を使用しています。

その為、手袋を着けたままでも画面が静電気を感知して操作できるようになっています。

 

反応しないときは?

スマホ対応の手袋でも素手の場合に比べれば静電気は通じにくいので、静電気に対する感度が低い機種だと反応しない場合があります

一度手袋を外した状態で操作してみて、問題がなければ感度が低い機種だと思われます。

感度が低い機種の場合は指が出ている手袋の購入をおすすめします。

 

スポンサードリンク

 

自作の方法は?

導電糸という繊維で作られた電気を通す糸を、普通の手袋の指先部分に縫い付けます

すると、指先部分が静電気を通すようになり、手袋を着けたままでも画面の操作が行えるようになります。

導電糸は、電子部品を扱っているお店やAmazonで購入できます。

簡単な方法としては、手袋の上からでも使えるタッチパネル対応指サックを装着することです。

また、特殊な液体を手袋の指先部分に数滴垂らすだけでスマホの操作が可能になる「てぶタッチ」という商品も販売されています。

「てぶタッチ」は、液体がしみ込む素材の手袋のみ使用可能です。

 

まとめ

現在、多数のスマホ対応手袋が販売されているので、自分好みの物もきっと見つかりますよ。

デザインにこだわりがある方は自作もおすすめです。

快適な冬を過ごすためにも是非検討してみてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ペットボトル加湿器の効果はある?使い道は?
システム手帳のサイズの選び方は?オススメは?
関東の避暑地でおすすめの場所は?子連れのおすすめは?
鏡餅はいつからいつまで飾るの?関西や関東など地域の違いは?
甘酒の作り方で炊飯器を使う方法とは?ヨーグルティアは?
風邪をひいた時にタバコを吸うと悪化する?味がまずい理由は?
風邪薬と栄養ドリンクの飲み合わせはどうなの?サプリメントは?
牡蠣の栄養で亜鉛の効果は?食べ過ぎるとどうなる?カロリーは?
春のアンチエイジング!おすすめ食事は?肌対策は?生活習慣は?
成人式後の同窓会!案内状はいつ出すの?例文は?
寒中見舞いは喪中の場合どうすれば良いの?時期は?文例は?
花火大会の持ち物リスト!あると便利なのは?
クエン酸での掃除使い方は?注意することは?
スタッドレスタイヤの寿命は溝で判る?年数は?夏の使用は?
ホタルイカの栄養やカロリーは?沖漬けの作り方は?