インフルエンザの予防接種の腫れの原因は?治す方法は?

予防接種

今年はもうインフルエンザの予防接種を受けましたか?

今、この記事を見ているということは、もしかしたら受けたばかりなのかもしれませんね。

はい、ということで今回はインフルエンザの予防接種を受けた後、腫れてしまう原因や治す方法について書いていきます。

スポンサードリンク

 

インフルエンザの予防接種の腫れの原因は?

予防接種後に副作用がでてしまう方は多いです。

かゆくなったり痛くなったりといった副作用ならまだ我慢出来ても、やはり腫れるまでくると、大丈夫なのか気になりますよね。

心配になる気持ちもよくわかりますが、これらはワクチンに対しての正常な反応で、抗体がワクチンを悪いものとして攻撃している証拠ですので、安心してください。

ワクチン(死にかけのウイルス)を体内に注射することで、免疫機能を刺激し、抗体を作っていますが、この反応に個人差があり、反応が大きい人は大きく腫れるわけです。

明らかに化膿しているという場合は、雑菌が入ってしまったという可能性もあるので、病院で診てもらったほうがいいですが、ただ単に腫れているだけであれば、正常な反応です。

また、もし卵アレルギーを持っているという場合であれば、反応がでる可能性もあります。

これはワクチンが卵を使って培養しているためです。

スポンサードリンク

 

治す方法は?

腫れてしまったという場合、最初に思いつくのは“冷やす”ことだと思いますが、冷やすことも刺激であるので、むやみやたらと冷やすのはやめておきましょう。

冷やすにしても氷を直接当てたりせず、、濡らしたタオル・冷やしたタオルをあてるくらいにしておくくらいで済ましておきましょう。

基本的には予防接種の腫れは3日程度でおさまると言われているので、3日間は冷やしたり、揉んだりの刺激もあたえず、平たく言えば“なにもせず安静にしておく”が一番良い療法です。

余計な刺激を与えると治るものも治らなくなってしまうので、腫れすぎて膿まででてきたなんてことでもなければ、騙されたと思って3日間は放置してみてください

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

インフルエンザの予防接種後は見た目の副作用として、腫れや赤み、そしてそれに伴う痛みや痒みは程度こそあれ、よくある反応なので心配ありません。

が、自己診断で「あまりにもひどい!」という場合は、無理せず予防接種を受けたお医者さんに相談してみましょう

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

正月太りの原因は?解消法や対策は?
お年玉の相場について高校生や中学生は?小学生は?幼稚園児は?
関東から北海道へのフェリーが出る場所はどこ?料金は?時間は?
ハムスターの冬眠の見分け方は?回復方法は?
花火大会の持ち物リスト!あると便利なのは?
初盆の服装のマナーは?お供え物の金額は?香典は?
風邪をひいた時にタバコを吸うと悪化する?味がまずい理由は?
東京都内でおすすめの結婚式場は?失敗しない選び方は?
桜餅!道明寺と長命寺の違いは?簡単レシピは?
二度寝は健康に悪影響?メリットはあるの?スッキリ目覚める方法は?
しめ縄の作り方の動画!コツを解説!
睡眠方法を改善して快適生活を実現!適正な時間や質の高め方!
海外旅行の持ち物で便利なグッズは?女子グッズは?禁止のものは?
重曹で掃除お風呂はどうやる?洗濯機は?キッチンは?
桃岩荘ユースホステルの魅力は?愛とロマンの8時間コースは?