スキーウェアやスノーボードウェアの洗濯は?保管方法は?

スノーボード

冬のレジャーの定番といえばスノースポーツですが、板や手袋、ニット帽子にブーツにネックウォーマーやら靴下からウェアまで・・・なにかと手入れが面倒です。

特にウェアって、洗っていいのかダメなのかよくわからないし、けど洗わないと不潔だし、でもクリーニングは高いしって悩みの種なりやすいですよね。

ということで、今回はスキーウェアとスノーボードウェアの手入れ方法について書いていきます。

スポンサードリンク

 

スキーウェアやスノーボードウェアの洗濯は?

スキーウェアとスノーボードウェア(以下、スノーウェア)ってアンダーウェアを着ているから汚れは大丈夫だと思っている人もいますが、そんなことはありません。

なので、保管する前に洗ったほうがいいのですが、「スノーウェアは洗ってもいいのか?」と疑問に思われると思います。

洗濯表示を見てもらえればわかると思うのですが基本的にはクリーニングに出した方が良いです。

いくら防水性があるといっても、洗濯中のスノーウェアは中綿が水を含んでしまいます。

洗濯機では脱水時に遠心力で水を飛ばしますが、この水を含んだスノボーウェアは脱水時に水が飛びにくく、“重い塊”を回し続けることになり、洗濯機が壊れたり、最悪の場合は洗濯機が倒れることもあります

中綿が少なくて軽いウェアもありますが、基本的にはやらないほうがいいかと思います。

あと、洗濯すると撥水加工がとれてしまうので、撥水スプレーを吹きかけないといけないのですが、自分でやると手間がかかるというのもネックです。

ただ、クリーニング代も高いし、そろそろ買い換えようと思っている、安いウェアだからクリーニングに出すほどでもない。という場合にはおしゃれ着用の洗剤を使い、大きい洗面器などで押し洗いをすると良いですよ。

2~3日影干ししてしっかり乾かしたら、撥水スプレーを全体的に薄く吹きかけ、乾燥したら、また吹きかける・・・という工程を数回やりましょう。

この方法なら手間はかかりますが、クリーニングより安く済みますよ。

スポンサードリンク

保管方法は?

まずはシーズン中で、あと何回かゲレンデに行く予定があるという場合の保管方法です。

この場合はハンガーにかけたまま、直射日光の当たらない、湿度の低い場所に吊るしておくのがオススメです。

ちょっとした汚れであれば、水拭きをして、ファブリーズでもかけておけば十分です。

今年はもうシーズンオフっていう場合は、まずは前章で書いたようにクリーニングに出すか、自宅で手洗いして、しっかりと乾かしましょう

保管方法は先ほどの場合と同じく、直射日光の当たらない、湿度の低い場所にハンガー吊りをしておくのが1番良いです。

これは、生地に強い圧迫をかけて保管すると中綿がへたったりスノーウェアの保温性が落ちますし、防水性にも影響がでてしまうためです。

やさしくたたむのなら大丈夫ですが、小さな袋に詰め込んだり、間違っても圧縮袋などに入れての保管はやめましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

なかなか面倒な作業ですが、スノーウェアって頻繁に使うものでもないですし、高価なものなので何年も使わないともったいないですよね。

今日の記事を参考に、きちんとスノーウェアの手入れをして、来年も気持ちよく使いましょう

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

しめ縄の飾り方や由来は?場所はどこへ?時期は?
新年会の挨拶の例文!乾杯前の一言は?締めの言葉は?
スキー用ワックスの塗り方は?種類ごとに特徴は?
バレンタインディナーで東京・大阪のおすすめスポット!
忘年会の案内はいつ頃する?日時確認のやり方は?2次会は?
春のアンチエイジング!おすすめ食事は?肌対策は?生活習慣は?
成人式でスーツのおしゃれな着こなし方は?おすすめブランドは?
防災グッズ停電時のおすすめは?非常食は?
バレンタインチョコの本命へのレシピは?渡し方は?人気商品は?
インフルエンザがうつる期間はいつまで?確率は?家族は?
システム手帳のサイズの選び方は?オススメは?
バレンタインデー和菓子のおすすめ人気店!京都は?東京は?
甘酒の作り方で炊飯器を使う方法とは?ヨーグルティアは?
ノロウィルスの症状や潜伏期間は?治療方法は?完治までの期間は?
カブトムシやクワガタを捕まえるトラップの作り方は?設置の仕方は?