月見の由来は何?十五夜の楽しみ方は?ススキをお供えするのはなぜ?

月見

9月に入ると夜はなんとなく肌寒くて、空気が冷たいせいか星がキレイに見えるようになってきますね。

9月の満月といえば、十五夜を思い浮かべると思いますが、何でお月見をするか知ってますか?

今日はお月見の由来や楽しみ方、ちょっとしたウンチク話について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

月見の由来は何?

月見の文化は実は中国が発祥の地なんです。

中国では日本のようにお団子ではなく、里芋を食べていました。

で、その里芋の収穫時期がそのあたりで、十五夜(旧暦8月15日)に収穫祭を行っていたことが月見の由来になりました。

ちなみに、十三夜(旧暦9月13日)というものがあり、十五夜か十三夜のどちらかしか見ないことを片月見と言います。

片月見は江戸時代の人にとってはとても縁起の悪いことだったそうです。

縁起ごとを重視していた昔の人は、十五夜を見れなかったら、十三夜が近づくとうっかり見てしまわないかドキドキしていたでしょうね(笑)

 

十五夜の楽しみ方は?

縁側にでて、ススキをお供えして、月を見ながらお団子食べて・・・というイメージがなんとなくありますが、ここまで出来る人って少ない思います。

手軽に家の中で月の見える場所に移動したり、夜の公園で月を見ながら晩酌をするだけでも雰囲気を味わえます。

昔の人もそのようにして月見を楽しんでいたそうですよ。

にしても、月を肴にしてお酒を飲むって風情がありますね。

スポンサードリンク

ススキをお供えするのはなぜ?

susuki

 

月見と言えば、月見団子とススキですよね。

団子はまるい繋がりで月に見立てられているというのは有名な話ですが、ススキに関しては知らない人が多いです。

では、なぜススキが飾られるようになったのかというと、ススキは切り口が鋭いことから魔除けの力があるとされていたからです。

そして、来年も稲がススキのように丈夫に育って欲しいという願いも込めていたそうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最近は昔からある風習をやらなくなっている人が多くなってきている気がしますが、探してみると今風にカスタマイズされたイベントがあったりして、面白いですよ。

忙しいという方でも、帰り道に月を見ながら一杯ひっかけてみるなんかして、せっかくの十五夜を楽しんでみてください。

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

六義園の紅葉2015見頃やライトアップの時期は?混雑は?アクセスは?
京都で紅葉おすすめスポットは?見ごろ時期は?混雑状況は?
七五三での母親の服装は?洋服と和服はどちらがいい?
関東で紅葉と温泉が楽しめるおすすめスポットは?見頃時期は?
新居浜太鼓祭り2015日程は?喧嘩祭りと呼ばれる所以や状況は?
ハロウィンの子供用おすすめ衣装!女の子は?男の子は?
七五三の服装で母親の装いは?父親は?子供は?
七五三の3歳は数え年でする?満年齢でする?早生まれの場合は?
昭和記念公園2015紅葉の見頃は?ライトアップや見所は?アクセスは?
川越祭り2015日程は?混雑状況は?見どころは?
ディズニーランドのハロウィンパレードはいつから?場所は?動画は?
ハロウィンの飾り付けはいつから?いいアイデアは?100均の活用は?
鎌倉の紅葉のおすすめスポットは?見頃は?
ハロウィンパーティーとは何か?コスプレは?お菓子パーティーは?
灘のけんか祭り2015年の日程は?桟敷席は?子供と見るのは危険?