静電気が発生する原因は?日常での対策は?車での対策は?

感電

寒くなって乾燥してくる時期になるとひょっこり顔をだす静電気。

油断しているといきなりバチッときて、びっくりするし痛いしで、嫌になりますよね。

静電気は湿度が60%以上であれば、空気中の水分を通して放電されるため、夏場には気にしなくてもいいのですが、冬場はそうもいきません。

今日は静電気が発生する原因であったり、服を脱いだ時や車の乗り降りのとき、ドアを開けるときなどなど、こんな時どうすればいいの?に答えていきたいと思います。

スポンサードリンク

静電気が発生する原因は?

静電気が人体に溜まる原因は衣服同士の摩擦による帯電がほとんどです

寒くなってくると服を何枚も着込んだりするので、歩くだけでどんどん帯電していきます。

先に書いたように湿度が高ければ、空気中の水分を通して放電してくれるのですが、冬場は乾燥しているので溜め込むばかり・・・

そして帯電状態でドアノブなどの金属に触れた瞬間にバチッ!とくるわけです。

もっと詳しく説明すると電気の+がうんぬん、-がうんぬんという話になってムダにややこしくなるので、ここでは割愛します(笑)

日常での対策は?

うろ覚えで申し訳ないのですが、昔なにかのテレビで”静電気対策には、”観葉植物に触れろ“みたいなことを見たことがあるのですが、別に観葉植物でなくても木であれば同じ効果があります。

スポンサードリンク

例えば、ドアが木製なら金属製のドアノブに触れる前にドアに数秒触れておけば、ドアがアース代わりになってます
金属に触れると電気が一瞬のうちに流れるので痛みが走りますが、木であれば少しずつ静電気を逃がしてくれるので、痛みがありません。

もし、木が見当たらない場合は金属製のペンや鍵を持ち、アースされていそうな金属に触れることで、身体に溜まった静電気を逃がすこともできます。

そもそも、静電気を溜め込まない方法としては下記のようなものがあります。

静電気を溜め込まない方法
手をこまめに洗う
ウエットティシュを携帯し、たまに触る
加湿器で部屋の湿度を高くしておく
裏がゴム製の靴を履かない
合成繊維の服ではなく、綿や麻などいの天然繊維の服を着る

車での対策は?

先ほどの章で静電気対策について書きましたが、静電気あるあるNo.1と噂される”車から降りる時の静電気が痛い!“の対策をもう少し掘り下げていきます。

車に乗っている間は服の摩擦だけでなく、座席との摩擦もあって、ものすごく静電気を溜めこんでいます。

で、どうすればいいのかというと、

金属部分に触りながら降りるとバチッときません。

地に足をつける前に触っておかなくては意味がないのでそこだけ注意してくださいね。

乗る前にはこの方法は使えないので、少し恥ずかしいですが地面を触って放電するか、
上に書いた日常での対策を使って下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

静電気シーズンの初期はバチッとやっちゃいますが、人間痛みを伴うと覚えが早いもので、意識してれば静電気を溜め込まない、溜めてもバチッを避ける行動がすぐに習慣化します。

今日の記事を頭に叩き込んで、しっかり静電気を回避していきましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

新宿御苑の紅葉2015の見頃とライトアップは?混雑状況は?見所は?
高速道路のETCの割引は?1000円高速は?ETC未対応料金所は?
冬の運動は怪我のリスクが高まる!原因や予防法を紹介!
甘酒の作り方で炊飯器を使う方法とは?ヨーグルティアは?
重曹で掃除お風呂はどうやる?洗濯機は?キッチンは?
スキーウェアやスノーボードウェアの洗濯は?保管方法は?
桜餅!道明寺と長命寺の違いは?簡単レシピは?
二度寝は健康に悪影響?メリットはあるの?スッキリ目覚める方法は?
風邪の時に食べるうどんの具は?消化はいいの?そばは?
月の表面の明るさは?表面温度は?模様はどうやってできた?
昭和記念公園2015紅葉の見頃は?ライトアップや見所は?アクセスは?
桃岩荘ユースホステルの魅力は?愛とロマンの8時間コースは?
カブトムシを捕まるのに必要な道具は?捕まえ方は?注意することは?
プールの持ち物リストでおすすめは?注意することは?
アイスに賞味期限がない理由は?ずっと食べれるの?