クリスマスリースとは何?飾る時期は?毎年買い替える?

64bd8d075cb7c2e2d8b40a1e733aeafb_s

12月になると急にクリスマスムードが漂いはじめますが、このクリスマスシーズンになるとやたらと目に入るクリスマスリース
玄関に飾っているご家庭も多いですよね。

ただの飾りだと思っている人が多いですが、実はただの飾りではないんです。

今回はこのクリスマスリースについて書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

クリスマスリースとは何?

クリスマスリースのリースとは“wreath”と書き、意味は”輪”とか”冠”とか輪っか状のもののことを指しています。

たまにクリスマスリーフと混同する人がいますが、リーフ(leaf)は葉っぱという意味なので、別物です。

なぜ、輪っかになっているのかというと、輪っかには始まりも終わりもないのということから“永遠”を表し、クリスマスリースには“永遠の神の愛”という意味が込められています。

 

クリスマスリースに使われているクリスマスカラーの赤、緑、白、金にも意味があります。

:キリストの血 寛大 愛
:生命力 命
:純潔 純粋
:富

 

さらに素材には抗菌作用のある常緑樹を使うことで厄除けの意味もついているんです。

・・・考えた人は欲張りですね。

 

飾る時期は?

クリスマスリースを飾る時期については諸説ありますが、ヨーロッパではクリスマスの4週間前から翌年の聖母お清めの祝日の2月2日まで飾ります。

日本では時期外れだと思われるので、よほどクリスマスに熱心で無い限りは12月1日~12月25日までがベターであると思います。

 

スポンサードリンク

毎年買い替える?

クリスマスリースは毎年買い替えなければならないのか?という疑問をたまに耳にしますが、これは“しめ縄”(お正月に玄関に飾るやつ)と混同されているのかなと思います。

しめ縄と違ってクリスマスリースは買い替える必要はありません

同じ厄除けの飾りなのになんで?って気持ちはありますが、宗教的な違いなので、気にしないでおきましょう。

 

シーズンが終わったらまた来年使えるように、キレイに片付けておくと良いです。
キレイに使っているとリース自体に味がでてきますし、生花を巻きつけて雰囲気を変えて使うこともできます。

 

まとめ

手軽にクリスマスムードを演出できるクリスマスリースですが、ただの飾りではなく、色んな意味があることがおわかりいただけたかと思います。

飾ってるとクリスマスに何かいいことがあるかもしれません(笑)

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
テノール

テノール

20代後半。日本だけでなく世界一周を目指して、日々挑戦中。最近のマイブームは、筋トレです笑

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

クリスマスツリーのオーナメントの飾り方は?意味は?
成人式後の同窓会!案内状はいつ出すの?例文は?
山梨県のさくらんぼ狩りの時期は?おすすめの農園は?
お歳暮にお返しは必要?マナーは?断り方は?
2018年の大相撲七月場所の日程は?チケットは?
結婚式後の年賀状を親戚などへ出す時の文例!喪中の時はどうすれば?
スキー用ワックスの塗り方は?種類ごとに特徴は?
バレンタインデー和菓子のおすすめ人気店!京都は?東京は?
灘のけんか祭り2015年の日程は?桟敷席は?子供と見るのは危険?
六義園の紅葉2015見頃やライトアップの時期は?混雑は?アクセスは?
婚活パーティーin大阪に参加した感想は?体験談は?一人でもいける?
忘年会の2次会は予約する?会場は?会費はいつ集める?
スキーウェアやスノーボードウェアの洗濯は?保管方法は?
初詣の由来は?いつまでに行けばいい?
スマホ対応の手袋の原理は?反応しないときは?自作の方法は?