インフルエンザ予防接種は必要?効果はある期間は?感染確率は?

gatag-00011706

毎年、冬になると猛威をふるい、今年は大流行の恐れがある(毎年言われている気がしますが)と騒がれるインフルエンザ。

対策と言えばまず思いつくのは予防接種ですが・・・

今までインフルエンザの予防接種は受けてないけど、かかったことないし、いまさら受ける必要もあるのかな
インフルエンザの予防接種って本当に効果があるのかな?と何かと疑問に思われている方が多いです。

今日はインフルエンザの予防接種に関する疑問について書いていきます。

 

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は必要?

・若い人は免疫力が強いから受けなくても大丈夫。
・逆に子どもやお年寄りは免疫力が低いから受けたほうがいい。
・しっかり手洗いうがいをして、ちゃんと睡眠とって体調管理してたら問題ない。
・予防接種をしててもインフルエンザになる場合もあるし、時の運。どちらでもいい。

様々な意見があり、結局どっちなの?と迷われると思いますが、

結論を言うと”アレルギーなどの問題で受けれない場合をのぞき、受けた方がよい“です。

 

インフルエンザの予防接種というのは、個人がかかるかかからないかの問題ではなく、感染流行の予防という社会的に見た時、大きな効果があるものだからです。

 

インフルエンザには潜伏期間がありますし、いくら予防していても100%防げるわけではありません。
免疫力や体力のない人に感染させてしまうリスクを少しでも減らすために受ける必要があると思います。

 

効果のある期間は?

インフルエンザの予防接種後は約2週間で抗体が出来ます。

約5か月の有効期間があるので、1度打てば1シーズンは効果があります

流行は12月下旬くらいからですので、11月に打つとベストです。

 

また長い間予防接種していない人やしばらくインフルエンザにかかっていない場合は、2回接種すると効果が高くなります。

 

スポンサードリンク

感染する確率は?

予防接種を受けたとしても感染する確率は大きくは変わらないと言われています。

しかし、インフルエンザを発症する確率、重い症状になる確率は下がります

 

インフルエンザの予防接種は70%以上の人に効果があるというデータがあります。
これは100人いたら70人に効果があるというわけではなく、
予防接種受けた100人と受けていない100人を比べた場合、

受けていない100人のうち10人がインフルエンザを発症したのに対して、
受けたうちの100人で発症したのは3人だったという計算方法です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

インフルエンザの予防接種を受け、発症しなくなる、重篤化しなくなる確率が上がることで、感染源としての危険性が下がり、社会全体で見た時に流行の抑制につながります。
インフルエンザが流行する前に予防摂取しましょう。

ちなみにですが、予防接種は保険適用外で病院側が料金を自由設定しているので、電話で予め聞いておくといいですよ。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

牡蠣の栄養で亜鉛の効果は?食べ過ぎるとどうなる?カロリーは?
熱中症対策に喜ばれる差し入れの飲み物は?食べ物は?
甘酒の作り方で炊飯器を使う方法とは?ヨーグルティアは?
ウイルス性胃腸炎の症状や原因、潜伏期間は?治療方法は?
風邪の時に効果的な食べ物飲み物は?発熱時は?無理に食べてもいい?
正月太りの原因は?解消法や対策は?
インフルエンザの予防接種後のお風呂は?運動は?飲酒は?
ホタルイカの栄養やカロリーは?沖漬けの作り方は?
牡蠣にあたるとどのような対処法がある?潜伏期間や症状は?
風邪薬とお酒の飲み合わせは?間隔はどのくらい必要?二日酔いは?
乾燥肌に悩む男のスキンケアに適した洗顔方法は?化粧水は?乳液は?
インフルエンザが自然治癒する期間はどれくらい?子供は?
風邪薬と栄養ドリンクの飲み合わせはどうなの?サプリメントは?
ロタの予防接種の効果は?いつまでに受ける?費用は?
ノロウィルスの症状や潜伏期間は?治療方法は?完治までの期間は?