ボジョレーヌーボーとは何か?人気の理由は?解禁日はいつ?

^AA8C123B060937C1FAD8D6A9807391BB090F362638BE883974^pimgpsh_fullsize_distr

 

秋も深まってきましたね。
11月は、あまりイベントがなくて寂しいー!なんて人もいるかもしれません笑

しかし、この時期には毎年、あるイベントが行われていますよね!

そう、ボジョレーヌーボーの解禁日です。

ワインに詳しくなくても、ボジョレーヌーボーという言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

今回は、そんなボジョレーヌーボーについてお話をしていきます!

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーとは何か?

ボジョレーはフランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区のことで、
ヌーボーは”新しい”という意味です。

つまり”ボジョレー地区で作られた新酒のワイン“のことですね。

ボジョレーヌーボーはガメイ種というブドウから作られていて、
その年に収穫されたものから作られています。
元々は、そのブドウが良質であるかを確認するために作られていましたが、
日本ではイベントアイテム的な意味合いのほうが強いです。

カウントダウンをしているのも日本だけのようです。

フランスから海外に輸出されるボジョレーの約半分が日本に輸出されていますが、
なぜ、日本でここまで盛り上がるようになったのでしょうか?

人気の理由は?

その秘密は解禁日にあります!

ボジョレーヌーボーの解禁日はフランスの法律で決まっていて、
毎年“11月の第3木曜日”になっています。
それまでは売ってはいけないことになっているんですね。

ところが、日本はフランスよりも日付変更線に近いので、
11月の第3木曜日を迎えるのが、フランスよりも8時間早いのです。

この時差に目をつけたボジョレーの造り手であるジョルジュ・デュブッフと
業界が”世界で最も早くボジョレーヌーボーが飲める“というプレゼンテーションをしたことで、日本中でお祭り騒ぎになりました。
その影響で、今も日本ではボジョレーの人気が高いんです!

また、日本の国民性で11月11日はポッキーの日や土用丑の日はウナギのようなイベントが大好きなのもここまで定着した要因の1つかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーの解禁日はいつ?

もうすでに答えを書いてしまいましたが笑

毎年”11月の第3木曜日”が、ボジョレーの解禁日です。

酒飲みの人は、是非忘れずに手帳に書き込んでくださいね笑

 

まとめ

輸入量はピーク時の半分ほどになっているようですが、
大きなイベントがない11月では、ボジョレーヌーボー解禁が、酒飲みにとって、
お祭り感覚で楽しくお酒を飲める貴重な日であることは確かです!

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
テノール

テノール

20代後半。日本だけでなく世界一周を目指して、日々挑戦中。最近のマイブームは、筋トレです笑

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ハロウィンパーティーとは何か?コスプレは?お菓子パーティーは?
京都の初詣2016おすすめスポットや混雑状況は?穴場スポットは?
灘のけんか祭り2015年の日程は?桟敷席は?子供と見るのは危険?
初詣2016東京の厄除け!縁結び!おすすめスポットは?
クリスマスプレゼントで彼女が大学生の場合のおすすめは?高校生は?
ディズニー七夕デイズ2015年はいつ?内容は?混雑は?
月見の由来は何?十五夜の楽しみ方は?ススキをお供えするのはなぜ?
鎌倉の紅葉のおすすめスポットは?見頃は?
ドイツクリスマスマーケットの由来は?場所のお勧めは?2015期間は?
箱根の紅葉の見頃は?おすすめスポットは?
京都イルミエール2015-2016の日程は?アクセスは?口コミは?
2018年の世界コスプレサミットはいつ?ラグコスって?
新居浜太鼓祭り2015日程は?喧嘩祭りと呼ばれる所以や状況は?
箕面の紅葉の見どころは?見頃は?アクセスや混雑状況は?
昭和記念公園2015紅葉の見頃は?ライトアップや見所は?アクセスは?