こどもの日の由来をわかりやすく説明するには?柏餅は?こいのぼりは?

b91a0a6348d22676cd39c8383640bda6_s

5月5日は「こどもの日」ですね。
こどもの日には兜や鯉のぼりを飾り、ちまきや柏餅を食べます。

「こどもの日ってどんな日?」と小さなお子様に聞かれると、
どう説明すればいいか悩みますよね。

こどもへ教えられるように、わかりやすくまとめてみました。

スポンサードリンク

 

こどもの日の由来は?

5月5日が国民の祝日となったのは1948年のこと。

もともとは 「端午(たんご)の節句 (せっく)」といわれ、
男の子の祭りの日でした。

端午の節句は、お隣の中国から入ってきたものです。
元々は厄払いの行事でした。

3月3日の女の子の「桃の節句」とならんで、
古くから行われている年中行事のひとつです。

今でも年配の方は端午の節句と言いますよね。

柏餅の由来は?

昔、中国で正義感と愛国心で慕われていた屈原(くつげん)という詩人が
陰謀によって、最後は川に身を投げて死んでしまいます。

その死を悲しんだ人たちが、川に供え物を投げ入れていましたが、
その供え物が、途中で竜に食べられてしまったのです。

スポンサードリンク

なので、食べられないように、
竜が苦手にしている葉っぱでもち米を包み、
糸で縛ったことが由来となっています。

そこから、ちまきを糸で結んで魔除けを行い、
災いを除くという意味が込められるようになりました。

こどもたちにわかりやすのは、

「柏餅を食べる理由は悪いことが起きないようにするためなのよ」

ですね。

こいのぼりの由来は?


こいのぼりは江戸時代のころに生まれました。

最初は武士たちの間で広まりました。
その時は、のぼりを立ててお祝いをしており、
まだこいのぼりではありません。

そして武士たちはこども達が強くたくましく育つために、
家の中に、兜をつけた強そうな武者人形を飾りました。

これが今の五月人形に繋がりますね。

それに対抗してこいのぼりは、町の庶民がたてたのが始まりで、
これも江戸時代からのならわしです。

滝をのぼる本物のコイのように、
男の子が元気に大きくなることを願ってたてていました。

また「男の子が我が家に生まれました。どうぞお守りください」と、
天の神様に伝え 守っていただく意味があるとも伝えられています。

こどもたちにわかりやすく言えば

「病気や怪我をしないで大きくなりますようにっていう気持ちをこめているのよ。」
でいいのではないかと思います。

まとめ

こどもの日の由来をわかりやすく説明する方法でした。
いかがでしたでしょうか?

是非、親子でその意味をかみしめながら、
素敵な祝日を過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

東京の桜の名所上野恩賜公園!2016の見頃時期やみどころは?
葛城山のつつじ2015年登り方は?アクセスは?
卒業式の袴の選び方!料金の相場は?
母の日に送る花の種類は?花言葉は?注文は?
母の日のプレゼントのおすすめは?金額は?メッセージは?
東京の桜2016見頃時期はいつからいつまで?おすすめスポットは?
2016年エイプリールフールに便乗しているネタを集めてみました!
卒園のメッセージ!子供や先生の心に響く例文を紹介!
ホワイトデーのお返しのお菓子に込められた意味は?
入学祝のお返しの相場は?おすすめの品は?お礼状の文例は?
卒園式のスーツの選び方!ママは?パパは?
東京周辺で桜と温泉を楽しめるおすすめスポット!
小学校の卒業式はどんな服装がいい?男の子は?女の子は?
入学祝の相場は?渡す時期は?のしの書き方は?
卒業式の祝電の文例・例文!送る時期!