桃岩荘ユースホステルの魅力は?愛とロマンの8時間コースは?

528508_366789786731663_1207896932_n

皆さんは北海道の礼文島に、
毎年夏から秋限定のちょっと変わった面白い宿があるのを知っていますか?

そう、「桃岩荘」です。
もしかしたら旅行好きの人は聞いたことがあるかもしれません。

「行った人は大好きになるか、大嫌いになって二度と行かないかの二つに別れる。」
と聞いたことがある人もいるのでは?

ちなみに写真は著者が撮影した物ですが、
見た目は普通の宿ですよね。

でも、非常に面白い宿なんです!
しかし、冬は雪などで止まれないので、6月から数ヶ月の間しか泊まれないんですね。

今回は、そんな桃岩荘を紹介していきましょう。

スポンサードリンク

桃岩荘ユースホステルの魅力とは?

有名な話ですが、まず宿につくと、
「おかえりなさい!」と、太鼓を叩きながら宿の人みんなで出迎えてくれます(笑)

これは知らない人は本当にびっくりすると思います。
著者自身、どう反応すればいいのか迷いました(^^;

中はこんな感じになっています。
536241_366789733398335_1208643204_n

1Fがメインのフロアになっていて、男性は2Fが自分のベットになっています。
洗濯機や売店もあるので、最低限困るものはありません。

また、桃岩荘には数名のヘルパーさんがいて、
その人達が宿を案内してくれたり、いろいろサポートもしてくれます。

基本的に1Fのメインフロアに皆さん集まるので、その中で他の旅行者さんと交流できますよ。

その後は、仲良くなった他の人と一緒に、また後から宿に来る人に「おかえりなさい!」と出迎えに行ったり、
外の自然を眺めながら、ゆっくり時間を過ごすことができます。

写真はありませんが、天気がよければ宿の前が海なので、
海に沈んでいく夕日を見る事ができますよ。

そして、この宿の1番の特徴といえば、
夜のミーティングの時間です。

ミーティングと言っても、会議のようなものではありません。

昔のユースホステルには、宿泊者同士語り合ったり歌ったり踊ったりするミーティングというものがあったそうです。
その伝統をずっと守りぬいているユースホステルが桃岩荘なんですね。

ミーティングになると、急にヘルパーさんのテンションが上がりまくります(笑)
そして歌と一緒に真剣に奇怪な踊りを踊りだすんです!

そしてヘルパーさんから『それでは、皆さんご起立して一緒に踊りましょう』と言われるので、後はもう、恥を全て捨てて全力で楽しみましょう(笑)

ちなみにお酒は禁止のため、お酒の力は借りれませんので気をつけてくださいね(笑)

※勿論、絶対参加ではありません。

愛とロマンの8時間コースとは?

愛とロマンの8時間コースは北海道礼文島のトレッキングコースです。

名称の由来はとても単純で、
「最初は顔も名前も知らない旅人同士が共に歩いているうちに友情が芽生え愛が生まれロマンに発展する」
というのが由来なんですね(笑)

登山届・入山届なども必要なく、小学生から高齢者まで歩く事が出来るルートではあるのですが、
天候の変化が、山と同じようにあるので、ある程度の準備は絶対に必要です

桃岩荘に泊まる方の場合は、
前日の夜に参加希望を募った後、説明などをヘルパーさんから受けます。

スポンサードリンク

スタートはとても朝が早いので、
遅くまで起きないように気をつけてくださいね。

さて、実際に著者も歩いたことがありますので、
いくつか写真を載せておきます。

481061_366790246731617_1268554800_n
スタート地点

300925_366790900064885_1522565935_n
スタートから1時間ほど。

189208_366792126731429_167687084_n
海辺を越え、島の中に入っていきます。気分はファンタジー。

253072_366792893398019_1411031456_n
森のなかはこんな感じになっています。

247939_366792750064700_1382739229_n
巨大なきのこなどが生えています。

 

簡単に写真を載せましたが、
これらが前半の部分です(笑) 

後半は、是非自身の目で確かめてみてください。

非常に景色は綺麗ですし、
時期によっては、本当に綺麗な花がたくさん咲いていて、
とても気持ちの良いコースです。

礼文島は、島の中に熊はいないので、
そういった危険もないので安心ですよ。

装備も勿論、最低限のハイキングの装備があったほうがいいと思いますが、
著者はジャージと普通のスニーカーで歩きました。
(かなり疲れますので、体力に自信がない人は、普通に装備を整えてください。)

私を含め、この時は男5人で歩きました。
半数以上が山歩きの経験がなかったのですが、脱落者は誰もいませんでした。

ただし、男5人で所要時間は10時間ほどかかったので
その辺りは覚悟して置いたほうがいいかもしれません。

8時間以上はほぼ絶対にかかりますので、
歩いてから船に乗って北海道に戻る時間は正直ないので気をつけてください。

もし途中できつくなったり、怪我をした場合は、
岬めぐりコースという4時間で帰れるコースもあります。

是非、ご自身で歩いて、素敵な景色を楽しみながら歩いてみてくださいね。
夏は本当に花が綺麗に咲くので、おすすめですよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
静かにゆっくりしたい方には絶対におすすめできない宿ではありますが、
逆にこういうのが大好きな人には非常におすすめの宿です。

夏と秋にしか空いていないので、
これからの時期に行かれる方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
テノール

テノール

20代後半。日本だけでなく世界一周を目指して、日々挑戦中。最近のマイブームは、筋トレです笑

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

インフルエンザがうつる期間はいつまで?確率は?家族は?
蚊に刺された時はどうする?刺されやすいのは?刺されれない対策は?
寒中見舞いは喪中の場合どうすれば良いの?時期は?文例は?
東京都内でおすすめの結婚式場は?失敗しない選び方は?
干し柿の作り方で簡単な方法は?カビや虫対策は?
七夕にそうめんを食べる由来は?おすすめの食べ方は?他の食べ物はある?
マスクをつけた時、メガネが曇らないようにするための方法は?
しめ縄の作り方の動画!コツを解説!
システム手帳のサイズの選び方は?オススメは?
風邪にりんごは効果がある?すりおろしで食べる?他のレシピは?
風邪の時にんにくは効果ある?おすすめレシピは?臭いを消す方法は?
ペットボトル式加湿器の種類!メリットとデメリット!手作り方法!
牡蠣にあたるとどのような対処法がある?潜伏期間や症状は?
北海道でスノボのおすすめスポットは?防寒対策は?
ハムスターの冬眠の見分け方は?回復方法は?