花火大会の持ち物リスト!あると便利なのは?

192a029f5ddf2784c292108d104176f3_s

これから花火大会の時期ですね!

しかしせっかくの花火大会で、
ふとした時に「あれ持ってくればよかった・・。」と後悔したことはないでしょうか?

今回はそんなケースに陥らないように、
持って行くと便利な持ち物リストを作成しました!

スポンサードリンク

花火大会であると便利な持ち物は?

①レジャーシート

やはり立って見るよりも座ってみたほうが楽ですよね。
勿論、会場にもよりますが、やはりレジャーシートはあった方が便利です。

一緒にいく人数に合わせて、シートの大きさは変えてくださいね。

場合によっては、折りたたみの椅子や座布団でもいいかもしれません。
100円ショップで販売されていたりします。

ただ、サイズがちょっとかさばるかもしれないので、
会場に合わせて持って行ってください。

②懐中電灯

夜になると、屋台などの明かりはあるとはいえ、
物を落とした時に「どこにいった!?」というケースとかありますよね。

何気に手元や足元は暗くて見づらいものです。

また花火が始まると照明が落とされることもあり、
そんな時に物を落としたら大変ですよね。

そんな時に懐中電灯があると便利です。
大きなものでなくていいので、1本持って行きましょう。
特にLED懐中電灯が小型で明るいです。ペンライトでもいいかもしれません。

③団扇や扇子などの暑さ対策アイテム。

暑い夏には必須ですね、
日中でも夜でもあると便利です。

ミニ扇風機でも問題ないです。
物によってはライトがついてる扇風機もありますよ。

また、持っていくのが面倒くさいという場合は、
制汗スプレーや制汗シートもOKです。蒸し暑い真夏の花火大会で重宝します。

特にデートなどでは、香りで印象も良くなりますよ!

④虫除けスプレー

これは必須ですね。
河川敷は蚊が多いので、気がついたら沢山刺されてるなんてことも。

最近では首からぶら下げるタイプなんてのもありますよね。
常備使用しておいて損はありません。

⑤日焼け対策道具

日中から行かれる方は、
日傘や日焼け止め。帽子などを着用しましょう。

⑥タオルやティッシュ

汗を拭くのに必須です。

汗を手や洋服でぬぐうのもありかもしれないですが、
デートなどの場合は幻滅されるかもしれません。

また、どの花火大会でも、
公衆トイレやコンビニのトイレのトイレットペーパーが不足します。

トイレの予備のペーパーまでもがなくなってる!なんてことも。

そんな時に役立つのがポケットティッシュです。

大きなタオルでなくても大丈夫なので、
是非持って行きましょう!

⑦ウェットティッシュ

タオルやティッシュとは別に、ウェットティッシュも必須です。

かき氷などを食べた後に、
手がべたべたになってしまった経験は誰もがあると思います。

そんな時にはとても便利なので、是非一緒に持って行きましょう。

⑧折り畳み傘などの雨具

ここ数年はゲリラ豪雨なども多く、
突然の雨が降ってくる恐れがあります。

2013年なんかは、立川の花火大会でゲリラ豪雨で中止になり、
花火は見れないし、ビショ濡れになるし・・・と、泣きっ面に鉢になった方もいらっしゃるのでは。

私の知人でも、びしょ濡れで店内に避難したので、
クーラーで風邪をひいた人もいます。

万が一に備えて持って行っておきましょう。

スポンサードリンク

その他おすすめ

①ジップロック

これは筆者の体験談ですが、
これが1枚でもあると本当に便利です。

突然の雨で携帯が濡れそうな時の避難に使ったり、
小銭が大量になった時に一時的に入れたり、
会場のパンフレット等を入れたりできます。

何かと使う時があり便利です。
そこまで大きくもないので、1枚でも持って行きましょう。

②携帯充電器

花火大会ではかなり携帯電話を使うと思います。

会場までの行き方を調べたり、一緒に来た人と連絡を取ったり、
写真を撮ったり、暇な時間に使ったり・・・。

充電はあっという間に減ってしまいます。

誰かと離れてしまって、合流したいのに充電がない・・。
帰宅しようとしたら電車が止まって、他のルートを調べたいのに充電が・・。
そんな事態は避けたいですよね。

これがあるだけで安心感が全然違いますよ。

③絆創膏

普段なれない草履を履いて靴ずれをしたり、
何かの拍子にちょっとした怪我をする可能性がありますよね。

そんな時に持っていると便利ですし、
何より持っていればそれだけでヒーローになれるシロモノです(笑)

④小銭

花火大会では屋台でお金を使うことがほとんどだと思いますが、
荷物がある中、お釣りを毎回財布にしまうのは大変ですよね。

小銭を多めに持っていっておくと、スムーズにやりとりできて便利です。

また花火大会によっては、有料のトイレなんかもありますので、
持って行っておくと便利ですよ。

⑤塩飴などの熱中症対策道具

夏場は塩分が失いがちです。失うことで熱中症を引き起こしてしまいます。
そんな時に「塩飴」を舐めるなどして熱中症対策を心がけましょう。

⑥飲み物

会場で飲み物やお酒を買うこともあるかと思いますが、
1本ぐらいある方が便利です。

会場近くのコンビニは混んでいるので、事前に持っていくのがやはりベストです。

夏場は知らず知らずのうちに脱水症状に陥っているものです。
水分補充はとても大事ですよ。

⑦ビニール袋

ゴミ箱がない会場や、
お持ち帰りが絶対の大会もあります。

毎年、花火大会後の会場付近ではゴミのポイ捨てが目立っています。
ポイ捨ては止めましょう。

持ち物以外の注意すべきことは?

①帰りの切符やチャージ

行きは問題ないかと思いますが、
会場からの帰りの交通機関は混雑します。

そんな時に、切符を買ったりチャージに行くと、
非常に手間ですよね。

予め切符を買っておいたり、チャージをしておきましょう。

②防寒具などの寒さ対策

暑い時期になんで防寒具!?と思われるかと思いますが、
電車や店内はクーラーが効いています。

また夕方から冷え込んだり、花火大会は川沿いや海沿いなどで行われることが多いので、風が強く吹き付けて寒くなります。

花火大会の開催場所によって、カーディガンなどを持っていっておいたり、
汗が冷えないようにしていきましょう。

また上記の突然の雨対策として、
レインコートを着こむだけでもかなり違いますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あるだけで1日が全然変わってくるので、
是非参考にしてください。

また、ブログでいくつか花火大会を紹介していますので、
行く予定のある花火大会の記事があれば、参考に見てみてくださいね。

それでは楽しい花火大会を!

横浜開港祭花火大会の記事はこちら

神宮外苑花火大会の記事はこちら

東京湾花火大会の記事はこちら

相模原納涼花火大会の記事はこちら

淀川花火大会の記事はこちら

諏訪湖花火大会の記事はこちら

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

婚活パーティーin大阪に参加した感想は?体験談は?一人でもいける?
乾燥肌に悩む男のスキンケアに適した洗顔方法は?化粧水は?乳液は?
牡蠣の栄養で亜鉛の効果は?食べ過ぎるとどうなる?カロリーは?
スマホ対応の手袋の原理は?反応しないときは?自作の方法は?
重曹で掃除お風呂はどうやる?洗濯機は?キッチンは?
ロタの予防接種の効果は?いつまでに受ける?費用は?
バスタ新宿に行ってみた。そもそも何の施設?中はどんな感じ?
風邪にりんごは効果がある?すりおろしで食べる?他のレシピは?
風邪の時にんにくは効果ある?おすすめレシピは?臭いを消す方法は?
乾燥肌対策に効果的な食事は?睡眠は?
蚊に刺された時はどうする?刺されやすいのは?刺されれない対策は?
寒中見舞いは喪中の場合どうすれば良いの?時期は?文例は?
防災グッズ停電時のおすすめは?非常食は?
プールの持ち物リストでおすすめは?注意することは?
初めての海外旅行!出国の際の注意事項は?持ち物はどうする?