つらい花粉症や風邪!正しい鼻のかみ方は?

4月中旬、まだまだ花粉が飛び、花粉症の人にはとても辛い時期ですよね。

著者の私自身、20年近く花粉症に苦しめられていますが、
特に鼻が詰まる事が多く、仕事の時や人と会う時はとても辛いです。

さて、鼻が詰まると、皆様鼻をかむ人がほとんどだと思いますが、
その鼻のかみ方、本当に大丈夫ですか??

実は鼻のかみ方には、正しい方法があるんですね。
両親や学校から教えてもらう事もないのではないでしょうか。

今回は、正しい鼻のかみ方について、ご説明していきます。

スポンサードリンク

正しい鼻のかみ方は?

★正しく鼻をかむポイント★

①息を吸い込み、口をしっかり閉じて下を向く。
※鼻水を出すために、空気をたっぷり入れておきます。

②片方ずつかむ
片方の鼻をきちんと押さえるようにします。

③息を吐ききるように、ゆっくり噛む
ゆっくりと時間をかけて、優しくかみましょう。
強すぎると、鼻血や耳を痛める原因にもなります。

④鼻水がすべて出るまでくり返す。

⚫動画の解説

スポンサードリンク

正しく鼻をかむ事で、鼻呼吸がしやすくなり、鼻をすする事を防ぐ事ができます。
その結果、鼻の病状が良くなり、耳の病気の予防も可能です。

ついつい、鼻をかむ時は鼻づまりのイライラがたまり、
力強く鼻をかんでしまいがちかと思いますが、
強くかめばかむ程、鼻と耳にダメージがいきますので、注意です。

逆にNGな行動は?

①両方を一度にかもうとする。
副鼻腔炎につながる可能性があります。

②力まかせに噛む
上記したように、鼻血や耳の病気の原因になります。

③鼻水を残す
鼻をすする事になり、細菌が残った鼻水で増殖する事があります。

NG行動はしないように気をつけましょう。

鼻づまりの解消におすすめ。鼻洗浄(鼻洗い)

ここ細菌、鼻の洗浄がだんだんと流行ってきましたね。

鼻の洗浄は、花粉やホコリ、細菌、ウイルスを洗い流す効果があるので、とてもおすすめです。

最近は鼻洗浄用の道具も沢山売られていますので、
是非使ってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

正しい鼻のかみ方を実践し、
鼻と耳の健康を守っていきましょう!

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
テノール

テノール

20代後半。日本だけでなく世界一周を目指して、日々挑戦中。最近のマイブームは、筋トレです笑
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

初盆の服装のマナーは?お供え物の金額は?香典は?
風邪の時に食べるうどんの具は?消化はいいの?そばは?
ロタの予防接種の効果は?いつまでに受ける?費用は?
乾燥肌に悩む男のスキンケアに適した洗顔方法は?化粧水は?乳液は?
海外旅行の持ち物で便利なグッズは?女子グッズは?禁止のものは?
鏡餅はいつからいつまで飾るの?関西や関東など地域の違いは?
うなぎのおいしい温め方は?焼き方は?食べ方は?
足元の暖房器具でおすすめは?電気を使わないのは?
フォーマルバッグの選び方!結婚式は?入学式は?葬式は?
ホタルイカの栄養やカロリーは?沖漬けの作り方は?
クエン酸での掃除使い方は?注意することは?
GWの銀行の営業は?ATMは?振り込みは?
新宿御苑の紅葉2015の見頃とライトアップは?混雑状況は?見所は?
ダウンジャケットは洗濯できる?クリーニングは?消臭は? 
ペットボトル式加湿器の種類!メリットとデメリット!手作り方法!