初めての海外旅行!出国の際の注意事項は?持ち物はどうする?

初めての海外旅行!

想像するだけで、ワクワクしてきますよね。

海外へはツアーで行かれる方もいると思いますが、
個人で海外旅行の手配をする方もいらっしゃると思います。

著者も実際にハワイに旅行に行きましたが、
その際に様々な出国トラブルがありました(笑)

今回は、その経験を元に、
出国の際の注意事項について、お話していきます。

海外旅行時、出国の際の注意事項は?

注意する事として、主に以下の2つに注意してください。

・持っていく荷物
・空港に行く時間

その中でも今回の記事では、荷物についてお話します。
(時間については次回)

そして、荷物にも2パターンあります。

①チェックインの時に預けるスーツケース等
②機内に持ち込む手荷物

です。

それぞれ解説していきます。

持っていく荷物の注意事項は?

まずは、機内に持ち込まないスーツケース等についてお話します。

基本的にはチェックインの際に、ロビーで預けますよね。

ついつい初めての海外旅行で、荷物を沢山詰め込む方いらっしゃいますが、
出来る限り、余裕を作るようにしましょう。

理由は2つあります。

①荷物が空いてしまう恐れがある。

実際に著者のグループで合った話です。

スーツケース一杯に荷物を入れた方がいたんですね。

その荷物を預けようとしたところ・・・

「ちょっと待ってください。」

と止められてしまったのです。

海外では、日本と違い、
スーツケースを投げられることがよくあります。

結構乱暴に扱われるんですね。

その際荷物がいっぱいだと、衝撃でスーツケースが開き、
荷持が出てしまうことがあるのです。

その結果、中に入れていた大切なものがなくなってしまう可能性があります。

そして非常に困ったことが、
荷物を預けるその場で、固定用のベルトを用意され、
ベルトが負けるようにスーツケースを開き、整理をするという、
非常に沢山の時間のロスにもなりました。

何より人前で自分の荷物を開けることになるので、
恥ずかしい気持ちにもなります。

②帰りの荷物が詰められなくなる。

これは当たり前といえば当たり前なのですが、
現地でお土産などを購入した際、入れるスペースがなくなってしまいます。

「いや、手に持てばいい。」
「新しいバック買えばいい。」
という方もいらっしゃいますが、
結構、海外での移動では大変です(苦笑)

まず荷物が多いと観光客とわかってしまうので、
スリや強盗などの犯罪に巻き込まれる可能性があります

また、バスやタクシーも日本ほど丁寧ではないので、
乗り込む際に四苦八苦することもあります。

スポンサードリンク

ですので、スーツケースの中は、できるかぎり余裕をもたせましょう。

どうしても荷物を減らせないという場合は、
圧縮袋を使い、荷物を少しでも小さくしましょう。

手荷物の注意事項は?

スーツケースの余裕も持たせた!
よし、あとはセキュリティチェックだけ!

ワクワクしていざ搭乗手続き・・・!

しかし、この際にも注意すべきことがあります。

それは、主に
・持ち込み禁止物
・液体物
・荷物の大きさ、重さの制限

です。

細かい部分は、国土交通省の出しているページを参照いただければと思いますが、
その中でも特に注意すべきものを書いていきます。

①持ち込み禁止物
持ち込み禁止物は、かなり多くの種類があります。

その中でも特に注意したいものが、
刃物や尖った物です。

刃物や尖った物で特に注意いただきたいのが、
学生さんですと、筆箱の中に入れっぱなしのハサミや、カッター。
それ以外にも、先が鋭利な傘なども持ち込みできません。

また防虫スプレーなどのスプレー系も、
気圧の関係で破裂する恐れがあるので持込できません。

意外と忘れがちなので注意してください。

②液体物
これが結構注意です。

以前の記事でも少しご説明したことがあるのですが、
化粧品で引っかかる人が多いんですね。

その中からピックアップしていくと、

◆クリーム・ヘアワックス・ジェル・歯磨き粉・マスカラ
◆修正液・水性絵の具・ライター

などが特に注意です。

ただ、液体物に関しては、液体物は100ml以下の容器に、
すべての容器を、ジッパー付き透明プラスチック袋に入れれば持ち込むことが可能です。
(縦と横の合計が40㎝以下の袋で1人1袋のみ)

容器は100円ショップでも売っていますので、
そちらに移しておきましょう。

ただ、液体物でも、
医薬品やミルク、離乳食は持ち込めます。

検査の際に必ず伝えてください。
診断書があるとスムーズです。

また、ペットボトルの飲み物も、出国手続き後なら、
免税店や自販機で買ったものなら持ち込めます。

ただし、国によっては没収される国もあるので注意してくださいね。

③荷物の大きさ、重さの制限
細かい部分は航空会社によって変わってきますが、
だいたい共通している部分としては、

・手荷物のほかに、身の回り品を1つ持ち込める
・サイズは3辺の合計が115cm以内である
・重さは7kg以内〜20kg以内(会社によって幅があるので必ず確認!)

になります。

これらに注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

準備をしておかないと、出国の際に時間がかかってしまい、思わぬトラブルになることもあります。

是非今回のことを注意して、準備してくださいね!

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
Tenor

Tenor

一人旅が好きで、目立ちたがりな25歳。 北海道から九州まで、様々な場所を旅した経験を元に、 皆様に役に立てるような情報を書いていきます。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

システム手帳のサイズの選び方は?オススメは?
風邪にりんごは効果がある?すりおろしで食べる?他のレシピは?
ロタの予防接種の効果は?いつまでに受ける?費用は?
寒中見舞いは喪中の場合どうすれば良いの?時期は?文例は?
バスタ新宿に行ってみた。そもそも何の施設?中はどんな感じ?
インフルエンザがうつる期間はいつまで?確率は?家族は?
バイクジャケットの秋冬物でおすすめは?防寒対策は?
桜餅!道明寺と長命寺の違いは?簡単レシピは?
うなぎのおいしい温め方は?焼き方は?食べ方は?
しめ縄の飾り方や由来は?場所はどこへ?時期は?
甘酒の作り方で炊飯器を使う方法とは?ヨーグルティアは?
カブトムシを捕まるのに必要な道具は?捕まえ方は?注意することは?
蚊に刺された時はどうする?刺されやすいのは?刺されれない対策は?
ダウンジャケットは洗濯できる?クリーニングは?消臭は? 
体型をカバーできるおすすめの水着は?カバーできる色は?