春のアンチエイジング!おすすめ食事は?肌対策は?生活習慣は?

e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s

春になり、新生活が始まりますね!

新しいことへのワクワクの反面、
春は肌トラブルが増えたり紫外線が強くなってきたりと、
女性の悩みになる要因が増えてくる季節でもあります。

春、夏に受けたダメージが秋以降に現れてくることも多いため、
春の過ごし方はとても重要です。

今回は、そんなあなたのために、春にこそやりたいアンチエイジングについて、
お話していきます。

スポンサードリンク

おすすめの食事は?

4334489516_ca709f3f86_b

アンチエイジングに欠かせない物は、3つ有ります。
その3つとは一体何だと思いますか?

答えは、

①タンパク質
②ポリフェノール
③ビタミンC

の3つです。
タンパク質です。

アミノ酸は、体内でアミノ酸が分解されコラーゲンになりますので、
美容のためにはとても大切な栄養素です。

ポリフェノールは、細胞の老化を防ぎ、ホルモン促進作用の効果があります。
ワインなどにも入っていますが、出来ればプルーンやブドウ、緑茶などから取りましょう。

ビタミンCはご存知の方も多いと思いますが、
健康面だけでなく、シミの原因になるメラニンの生成を抑制する働きがあります。

フルーツで取るのもいいのですが、
最近のフルーツは糖分が高くなってきていますので、
気になる方は緑黄色野菜でしっかり取っていきましょう!

スポンサードリンク

また、調理の際に電子レンジを使う調理は行わないようにしましょう。
何故なら電子レンジで調理をすると、栄養素が分解されてしまうからです。
そういった細かい部分から対策をしていきましょう。

肌対策は?

2536448292_c1c02e92fb_o

紫外線って、夏に多いイメージがありますよね。
しかし、実は多くの人が勘違いされているのですが、
紫外線が1番多く降り注ぐ時期は5月から7月の初夏なんです。

6月、7月は梅雨の時期でもあり、晴れている日も少ないので、気にならないかもしれませんが、晴れている日は真夏と変わらない紫外線が降り注いでいるんです。

春とはいえ、まだまだ北の方では雪が残っているかとは思いますが、
すでに冬の時期に比べて紫外線は強くなってきていますので、
しっかりと対策をしていきましょう。

最近はファンデーションなどにも、紫外線カット剤が入っていることも多いので、

うまく組み合わせて、紫外線から肌を守りましょう。

生活習慣は?

規則正しい生活は勿論ですが、
特に血行不良に気をつけていきましょう。

血行がよくなるだけで、身体の調子も違います。

激しい運動である必要はないので、軽いジョギングやウォーキング。
自転車でのサイクリングなどでもOKです。

いつもより少し身体を多めに動かしましょう。
歩く距離を増やすだけでも十分です。

また、ストレスも身体に影響しますので、
しっかりと休眠を取り、心と体のバランスも整えてきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

とても簡単にですが、
アンチエイジングのためのポイントをお伝えしました。

小さな1つ1つの積み重ねで、かなり変わりますので、
是非意識して取り組んでいきましょう!

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
Tenor

Tenor

一人旅が好きで、目立ちたがりな25歳。 北海道から九州まで、様々な場所を旅した経験を元に、 皆様に役に立てるような情報を書いていきます。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

フォーマルバッグの選び方!結婚式は?入学式は?葬式は?
インフルエンザが自然治癒する期間はどれくらい?子供は?
体型をカバーできるおすすめの水着は?カバーできる色は?
正月太りの原因は?解消法や対策は?
足元の暖房器具でおすすめは?電気を使わないのは?
関東の避暑地でおすすめの場所は?子連れのおすすめは?
花火大会の持ち物リスト!あると便利なのは?
結婚式後の年賀状を親戚などへ出す時の文例!喪中の時はどうすれば?
お歳暮にお返しは必要?マナーは?断り方は?
着る毛布の評判や口コミは?オススメの選び方は?洗濯方法は?
乾燥肌に悩む男のスキンケアに適した洗顔方法は?化粧水は?乳液は?
寒中見舞いは喪中の場合どうすれば良いの?時期は?文例は?
桃岩荘ユースホステルの魅力は?愛とロマンの8時間コースは?
風邪の時に食べるうどんの具は?消化はいいの?そばは?
しめ縄の飾り方や由来は?場所はどこへ?時期は?