冬の運動は怪我のリスクが高まる!原因や予防法を紹介!

冬運動怪我1冬は身体が冷えて硬くなり、
運動の際、怪我のリスクが高まります

これからますます寒さが厳しくなりますので、
防寒対策は重要になります。

今回、冬場に運動をする際、
怪我のリスクが高まる主な原因や、
怪我の予防方法についてお伝えします。

 

スポンサードリンク

 

冬場の運動で怪我のリスクが高まる主な原因!

冬運動怪我2

気温が冷たく寒い時期は、筋肉が硬くなっています

筋肉が硬いままの状態で筋トレしたり、
激しく走ったりすると、筋繊維が断裂し、
肉離れを起こす危険性があります。

寒い時期に一番多い怪我が肉離れと言われています。

また、関節も硬くなっていますので、
急な運動は捻挫や脱臼を起こしかねません。

その他、もっとも重大な疾患として、
心臓や血管への悪影響があります。

寒い場所に出ると、体温の発散を防ごうとして、
血管が収縮し血圧が上昇します。

また、急激な温度差で交感神経も緊張し、
さらに血圧が上昇しやすくなっています。

その結果、脳の血管が破れれば脳内出血を起こし、
重大な障害につながることや、生命の危険さえあります。

血圧の上昇は心臓にも負担をかけ、
狭心症や心筋梗塞など、心臓疾患の原因になります。

冬場の怪我や疾患の原因は、筋肉や関節、血管の収縮に原因があります。

 

スポンサードリンク

 

予防方法!

冬運動怪我4

寒い時期の運動前には、準備運動をすることが大切です。

身体をしっかり温めるため、
準備運動を入念に行うことを心掛けましょう。

また、極端な温度差は避けてください

急に温度差の激しい寒い屋外に出ると、
上述した怪我や疾患を引き起こすリスクが高まります。

あらかじめ部屋の暖房を切って、
ある程度寒さに慣れてから出るのが良いでしょう。

服装は、
防寒性と速乾性を兼ね備えたものを選びましょう。

防寒性能については、分厚い服を1枚着るより、
薄めの服を重ね着する方が良いです。

運動による体温の上昇に合わせて一枚ずつ脱ぐことができ、
体温調節がしやすいからです。

速乾性能については、
運動してかいた汗が冷えることで
体温が奪われることを防ぐためです。

両方の機能を備えたウェアはたくさん販売されているので、
一着は手に入れることをおすすめします。

 

まとめ

冬運動怪我3

一度怪我をすると、
長期間運動することができなくなってしまいます。

準備運動などの予防策を入念に行い、
ウィンタースポーツを楽しんでくださいね。

 

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
かわも

かわも

愛読書は「花の慶次雲のかなたに」ですが、傾奇者とは程遠い生き方をしているごく普通の30代男です。 残業無い日はスタバに入り浸り、休日はジム通い。 体を動かして汗をかくと、どんな嫌なことがあっても復活できる便利な体をしています。 自分が気になったこと、疑問に感じたことを中心に記事を書いています。 当ブログの情報を少しでも役に立てていただければ幸いです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

防災グッズ停電時のおすすめは?非常食は?
バイクジャケットの秋冬物でおすすめは?防寒対策は?
乾燥肌に悩む男のスキンケアに適した洗顔方法は?化粧水は?乳液は?
カブトムシを捕まるのに必要な道具は?捕まえ方は?注意することは?
静電気が発生する原因は?日常での対策は?車での対策は?
乾燥肌対策に効果的な食事は?睡眠は?
ノロウィルスの症状や潜伏期間は?治療方法は?完治までの期間は?
アイスに賞味期限がない理由は?ずっと食べれるの?
スタッドレスタイヤの寿命は溝で判る?年数は?夏の使用は?
フォーマルバッグの選び方!結婚式は?入学式は?葬式は?
関東の避暑地でおすすめの場所は?子連れのおすすめは?
うなぎのおいしい温め方は?焼き方は?食べ方は?
電気ストーブの比較をした場合種類は何がある?電気代は?安全性は?
牡蠣にあたるとどのような対処法がある?潜伏期間や症状は?
スマホ対応の手袋の原理は?反応しないときは?自作の方法は?