ノロウィルスの症状や潜伏期間は?治療方法は?完治までの期間は?

ノロウィルスノロウイルスとは、胃腸炎や食中毒を引き起こすウイルスの一つです。

非常に感染力が強く、ドアノブやカーテン、日用品などからも検出され、特に冬場に猛威を振るいます。

今回、ノロウィルスの症状や潜伏期間や治療法、完治までの期間などをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

ノロウィルスの症状や潜伏期間は?

ノロウイルスの主な感染経路は経口感染です。

ウイルスの付着した食材、食品を食する事で感染し食中毒を引き起こします。

また、ヒトからヒトへの感染も見られます。

感染者の糞便や吐しゃ物から手指を介して感染、あるいは咳やくしゃみで飛散した唾液などから空気感染する事もあります。

主な症状は、

① 発熱(37~38度程度で、それ以上の高熱が出る事は稀)
② 嘔吐・下痢
③ 腹痛(チクチクと刺すような痛み)

などが挙げられます。

初期症状では微熱が出始め、次いで「嘔吐症状」と「腹痛症状」を徐々に発症するようになります。

潜伏期間については、24~48時間ほどの期間を経て感染症や食中毒を発症すると言われています。

※潜伏期間・・・ウイルスが体内に侵入してから症状を発症するまでの期間のことです。

 

治療方法は?

ノロウイルスに効果のある抗ウイルス剤や特効薬は今のところありません

治療に関しては、対症療法を行い症状が治まるのを待ちます。

感染すると激しい下痢症状を発症しますが、下痢が辛くても自己判断で下痢止めを飲まないでください。

下痢は、有害物質や病原体を体外に排出するための生体防御反応ですので、沢山出した方が良いのです。

下痢で有害物質や病原菌を排出しつつ脱水症状防止のため、こまめに電解質の水分(スポーツドリンク等)を補給してください。

あまりに下痢や嘔吐が酷く水分を飲めない場合は、病院で点滴による水分と栄養補給をしてもらいましょう。

 

スポンサードリンク

 

完治までの期間は?

健康な成人なら、通常は2~3日程度で回復し重症化するようなケースはほとんどありません。

また、免疫力の強い人は感染しても発症しない場合や、風邪のような症状でおさまる場合もあります。

しかし、免疫力の低い乳幼児やお年寄りの場合は、症状が重くなったり長引くことがあるので注意が必要です。

 

まとめ

如何だったでしょうか?

ノロウィルスは感染力が強く二次感染するケースも多く見られます。

感染予防の基本は手洗いです。

石けんやハンドソープを使った手洗いでは、10秒間のもみ洗いと15秒間の流水でのすすぎを複数回繰り返すことが効果的です。

感染してしまうと、かなり辛い症状に見舞われますので、感染を防ぐためにもしっかり手洗いを行いましょう。

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

七夕にそうめんを食べる由来は?おすすめの食べ方は?他の食べ物はある?
しめ縄の作り方の動画!コツを解説!
風邪の時に食べるうどんの具は?消化はいいの?そばは?
銀行の2015年度年末年始営業時間と振込の取り扱い!コンビニ利用!
寒中見舞いは喪中の場合どうすれば良いの?時期は?文例は?
風邪薬と栄養ドリンクの飲み合わせはどうなの?サプリメントは?
重曹で掃除お風呂はどうやる?洗濯機は?キッチンは?
関東の避暑地でおすすめの場所は?子連れのおすすめは?
牡蠣にあたるとどのような対処法がある?潜伏期間や症状は?
プールの持ち物リストでおすすめは?注意することは?
アイスに賞味期限がない理由は?ずっと食べれるの?
熱中症対策に喜ばれる差し入れの飲み物は?食べ物は?
甘酒の作り方で炊飯器を使う方法とは?ヨーグルティアは?
クエン酸での掃除使い方は?注意することは?
フォーマルバッグの選び方!結婚式は?入学式は?葬式は?